2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:18 Aug 17 2011

世界に自信を与えることは中米共通の責任

 バイデン米副大統領が今日から中国を公式訪問する。訪中を前にバイデン副大統領は人民日報のインタビューに対中関係の発展を重視する考えを強調し、米中関係を「数十年持続可能な安定した軌道」に乗せるとの米首脳の決意を伝えた。

 今回の訪中は中米関係が全体的に安定した発展の基調を保っている中で行われる。相互尊重と利益共有に基づく中米協力パートナーシップの共同建設が進む一方で、両国関係には軽視できない敏感な要素も存在する。中国の急速な台頭に対して米国は警戒心をいくらか強めており、米国が準備を進める台湾への武器売却は中米関係の雰囲気醸成の妨げとなっている。ひとたび米政府が中国の核心的利益と衝突すれば、中米関係に再び波瀾が生じるのは必至だ。

 国交樹立以来、両国関係の発展過程は常にこうした複雑性を伴ってきたと言えよう。30数年来、中米関係は日増しに利益の重なりを深め、互恵協力を拡大してきた。当初中米関係に対して最も楽観的見解を持っていた人でも、今日のような水準にまで発展するとは予想していなかっただろう。互いに尊重し合い、小異を残して大同につき、妨害を排除し、協力を強化しさえすれば、平和共存、利益共有の新たな道を見出すことが必ずできる。これは中米関係の行方に対する基本的判断であり、中米関係の発展の大局の鍵を握るものでもある。中米関係のいくつかの深いレベルの構造的矛盾はいまだ緩和されていないし、接触の過程における利益の衝突は逆に増加する可能性がある。新時代の中米関係を処理するには十分な辛抱強さ、大きな知恵、そして並外れた勇気が必要だ。

 ジェットコースターのような乱高下の回避は、今なお中米両国にとって現実的な課題だ。中米両国民はこの問題の解決に期待しているし、これは世界に対する責任でもある。中国の力の上昇に伴い、中米関係の持つ世界的影響力が日に日に明らかになっている。中米は共に大国として両国民の幸福度を高めるという極めて困難な任務、世界平和の維持という歴史的使命、世界の持続可能な発展の促進という重要な責任を担っている。中米両国間の良好な実務協力は、グローバルな試練への対応における自信の強化に寄与する。ひとたび両国関係に問題が生じれば、その負の影響もグローバルなものとなる。

 協力は中米関係の本流であり、協力によって21世紀における中米関係の基礎が固められた。協力によって中米関係に歴史的チャンスを創造できる可能性も十分にある。こうしたチャンスを捉えたいという中国の願いは誠実なものだ。二国間、およびグローバルなレベルにおける協力を米国とともに深めることを希望する。中米関係を安定的発展の軌道に乗せるための鍵は、やはり米政府が「繁栄する大国としての中国の登場」という現実を受け入れ、中米は勝つか負けるか、栄えるか衰えるかの関係ではなく、相互尊重と戦略的相互信頼にこそ両国の共通利益があることをはっきりと認識することにある。

 国内外のメディアは、バイデン副大統領が米債務危機後に初めて訪中する米高官であることに注目している。中米間には確かに問題が山積している。古くからの問題もあれば、新しい問題もある。これらが交錯しており、その複雑さは想像に難くない。だが世界経済の回復への新たな試練を前に、中米両国には世界に自信を与える責任がある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月17日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古