2011年8月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:14 Aug 21 2011

胡錦濤主席がバイデン米副大統領と会談

----「遠大な視点に立って協力関係の発展を」

 胡錦濤国家主席は19日午後、バイデン米副大統領と人民大会堂で会談し、中米関係その他共通関心事について率直かつ友好的に話し合った。

 胡主席は今年に入ってからの中米関係の新たな進展を積極的に評価。「中米両国は国際的に重要な影響力を持つ国として、重要な責任を担うと共に、重大な試練にも直面している。良好な中米関係は両国および両国民の根本的利益に合致する。これは世界の平和と発展に向けた必然的な要請でもある。中米双方は遠大な視点に立ち、国情の違いを乗り越え、中米協力パートナーシップを着実に建設、発展させるべきだ」と指摘した。

 胡主席はまた「中国側は相互尊重と相互信頼に基づく中米関係の構築に揺るがず尽力している。米側と共に各レベルの対話や協議を強化し、両国民の友好的なつきあいを拡大し、戦略的相互信頼の醸成に努め、中米協力パートナーシップを不断に拡充していきたい。中国は互恵的な中米経済協力の推進に揺るがず尽力する。現在、世界の景気回復は不安定性や不確定性が高まっており、世界経済の成長は厳しい試練に直面している。われわれは共に困難を乗り越える精神を発揚し、マクロ経済政策の協調を強化し、成長維持と安定促進という共通認識を実行し、二国間およびG20など多国間の協力を深め、市場の信頼を回復し、世界経済の回復および力強く、持続可能な、バランスのある成長を促すべきだ。中国は世界や地域の問題において米国との協調・協力の深化に揺るがず尽力する。二国間および多国間の枠組みを十分に活用して、地域の安全保障、区域協力、グローバルな問題における米側との意思疎通や協調を強化し、重大な地域問題の話し合いによる平和的解決を促し、安全保障上の従来型および非従来型の試練に共同で対処していきたい。中米双方は両国間の重大な問題、敏感な問題を適切に処理し、両国関係発展の大局を確固として守り、相互尊重と利益共有に基づく中米協力パートナーシップの健全で安定した、踏み込んだ発展を促していくべきだ」と述べた。

 バイデン副大統領は「胡錦濤主席による今年1月の訪米の成功、オバマ大統領との会談は米国民に深い印象を残した。強大で、繁栄する、成功した、世界の問題で一層の役割を発揮する中国が米国および世界にとってプラスであるとの米側の認識は揺るがない。米側は力強く持続的で建設的な米中関係の建設に尽力している。相互尊重を基礎に、各分野での両国間の協力を一層深め、中米関係を新たな水準へと高めたい」と述べた。

 バイデン副大統領はまた「米側は核心的利益における中国側の関心を理解している。双方が接触を増やし、相互理解と相互信頼を深め、重大な問題、敏感な問題を適切に処理し、両国民の友好的なつきあいを促進し、経済協力および地域や世界の問題における対話や協議を強化し、国際社会の直面する試練に共同で対処することを希望する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月21日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古