2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Aug 23 2011

劉江永氏「南西諸島への防衛力シフトは日本にマイナス」

 日本は昨年末の「防衛計画大綱」で、防衛の重心を南西諸島に移す方針を打ち出した。防衛省は先日、沖縄与那国島南西部の町有地を購入し、軍事駐屯地を建設することを決めた。防衛計画大綱が一歩一歩実行に移されていることを示すものだ。国内経済が低迷を続け、債務負担が増す中、日本は安全保障強化を理由に、なおも防衛予算の拡大を図っている。(文:劉江永・清華大学現代国際関係研究院副院長)

 防衛省の配備計画は百害あって一利なしだ。現在、両岸関係は平和的発展という良好な基調を維持している。だが日本当局はこうした局面を望まず、依然として「中国脅威論」の旗印を掲げ、沖縄を中国をにらむ「前線基地」にしようとしている。これは「互いを協力パートナーとし、互いに脅威とならない」「相手国の平和的発展を支持する」という戦略的互恵関係の精神に背くものだ。

 このような配備計画は日本国内、特に沖縄の発展にとってマイナスだ。歴史上、沖縄地区は「万国津梁」の理想を掲げ、世界各国の友好の架け橋、平和で繁栄する島になることを望んできた。最近では中国との交流・協力を強化して、沖縄の観光業の発展を促進するため、日本側は中国人向け観光ビザの新政策を打ち出した。だが沖縄は依然、自らの運命を決めることができない。すでに在日米軍基地の70%が集中しているのに、今さらに軍事駐屯地用にかなりの土地を「購入され」ようとしている。地元住民の平和や生活改善の願いへの配慮が、日本政府に欠けていることを物語るものだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月23日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古