2011年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:57 Aug 29 2011

走馬燈のように交代する日本の首相

菅直人の後継は誰か?

 日本の首相の座はよほど魅力的なようだが、長く座っていられる政客はいくらもいない。ここ数カ月の間、菅直人首相は辞任の意向を表明しておきながら、その時期を明らかにしなかったため、「首相の座に居座っている」と地元メディアに批判され続けてきた。菅首相は23日、公債発行特例法案と再生可能エネルギー特別措置法案の成立後に辞任する考えを改めて表明した。民主党は政治的空白を最小限にするため、次期首相の選出を速めることを決定。次期首相は今月末にも誕生する可能性がある。これを受け、メディアの関心も「菅首相はいつ辞任するのか?」から「次期首相は誰になるのか?」へと移っている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 与党民主党は22日午後の常任幹事会で、党代表選について27日公示、29日投票とする日程を決めた。衆参両院で30日に指名選挙が行われ、次期首相が選出されると見られる。

 現在民主党は衆議院で480議席中301議席を占めるため、通常は党代表が次期首相に選出される。

 共同通信が20、21の両日に実施した全国電話世論調査では、菅首相退陣後の政権のありかたについて「具体的な政策ごとに与野党が協力」が66.5%で最も多く、「民主、自民両党の連立」は19.7%、「今のままの民主党政権」はわずか5.5%だった。

 「次期首相となる民主党の新代表にふさわしい政治家」は、前原誠司前外相が28.0%でトップで、2位の枝野幸男官房長官(11.0%)と岡田克也幹事長(10.9%)を大きく引き離した。

 菅内閣の支持率は7月末の17.1%から15.8%へとさらに落ち込み、最低を記録している。

 このほか、菅首相の打ち出した「脱原発依存」目標を次期首相が引き継ぐことについては、「賛成」「どちらかといえば賛成」が75.5%、「反対」「どちらかといえば反対」が20.2%だった。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月24日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古