2011年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Aug 25 2011

傅瑩外務次官、シュピーゲルのインタビューに応じる (4)

 ----複雑な民主制度が中国と比べ劣勢に立たされていることに優越感を抱くか?

 中国人は通常謙虚であり、「優越感」という言葉は常用しない。われわれはあなた方の成果を尊重するし、あなた方から学ぶ。あなた方はすでにポスト工業化時代にある。あなた方の直面する問題はいつか中国にも出現するかもしれない。あなた方の解決法を知り、そこから学べるかどうか見たいと思っている。

 ----新興経済の超大国と見なされるのはどんな感じか?

 褒めすぎだ。

 ----プレッシャーも感じるか?

 そこまでいっていない。われわれは自国を超大国とは思っていない。中国は米国でも旧ソ連でもない。中国は人口が多く、文化に富む大国であり、より満たされた、より幸福な、自らの目標を持ち、世界に対して友好的な国家だ。中国に心配を抱く必要はない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月25日

[1] [2] [3] [4]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古