2011年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Aug 25 2011

腐敗取締り:大衆の7割が満足するも依然厳しい情勢

 ■成果と問題が併存、腐敗取締りの手は緩められず

 2010年5月26日に重大な制度が始まり、全社会の注目を集めた。「指導幹部の個人関連事項の報告に関する規定」だ。これにより全国100万人余りの県・処級以上の指導幹部に、婚姻状態の変化、配偶者や子女の中国大陸部外への転居、就業、所得、不動産、投資などの状況の定期的な報告が義務づけられた。これはわが党による「反腐倡廉」(腐敗の取締り、廉潔な政治の提唱)推進の重要な措置だ。この制度を含む一連の反腐倡廉措置の制定と実施は、中国共産党が腐敗の取締りを強化し続け、その刃をさらに研ぎ澄ませていることを示すものだ。

 腐敗は体内のがんのようなもので、転移すれば生命の維持は難しい。腐敗の蔓延によって党は健全な組織を蝕まれ、政権の地位を失う危険に直面する。腐敗問題を解決できるか否かは、人心の向背に直接関わり、党と国家の存亡に関わる。腐敗の蔓延を断固として抑え込むことは、わが党の達成せねばならぬ重大な政治任務であり、中国共産党の直面する厳しい試練でもある。

 長年のたゆまぬ努力を経て、わが国の反腐敗闘争は著しい成果を上げ、系統立った対策、全体的な推進という良好な基調を呈している。国家統計局の世 論調査によると2003年から2010年までの間に、腐敗取締り活動への人民大衆の満足度は51.9%から70.6%に上昇し、「腐敗は多かれ少なかれ抑え込まれている」との回答は68.1%から83.8%に上昇。国際社会もこれを積極的に評価している。

 一方で、党風廉政建設(廉潔な政治を行う党風樹立)と反腐敗闘争が新たな情況、新たな問題に少なからず直面していること、腐敗が一部の領域で依然多発していること、少数の指導幹部が依然深刻な法律違反、紀律違反を犯していること、腐敗事件の類型・性質・手段に新たな変化が生じていること、指導幹部に態度や廉潔行政の面で依然少なからず問題があること、大衆の訴えが強い一部の突出した問題が依然効果的な解決を得ていないことも直視すべきだ。現段階の反腐敗闘争は「3つの併存」という複雑な局面を迎えている。第1は著しい成果と突出した問題の併存、第2は防止・取締り能力の強化と腐敗多発の併存、第3は腐敗取締りへの大衆の期待の高まりと、腐敗の短期間の根治が困難なことの併存だ。反腐敗闘争の情勢は依然厳しく、任務は依然極めて困難と言えよう。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古