2011年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:56 Aug 29 2011

日本、30日には新首相決まる 5年で6人の首相

 菅直人首相は23日、「3条件が整ったら辞任する。30日には新しい首相が決まるだろう。たぶん30日に内閣総辞職することになる」と述べた。

 前原誠司前外相が当夜、菅首相の後継を選ぶ民主党代表選への立候補を正式表明した。

 ◇5年間で6人の首相

 菅首相は23日午前の閣僚懇談会で、退陣を表明した。閣僚によると、菅首相は「3条件が整ったら辞任する。30日には新しい首相が決まるだろう。これまでお世話になりました。30日に内閣総辞職することになる」と述べたという。

 「3条件」とは、▽今年度第2次補正予算 ▽赤字国債を発行するための特例公債法案 ▽再生可能エネルギー特別措置法案----を指し、うち第2次補正予算はすでに7月25日に成立した。再生可能エネルギー特別措置法案は23日午後の衆院本会議で可決された。共同通信社によると、参院審議を経て26日にも成立する見通しだ。公債発行特例法案も同日の参院本会議で成立する運び。首相は退陣条件が26日にすべて整った後、退陣を正式表明する予定。

 菅首相は昨年6月、鳩山由紀夫氏の後を引き継ぎ、民主党に政権交代後2人目の首相に就任した。

 民主党は党代表選を27日告示し 、29日に党両院議員総会で投開票する日程を内定した。30日には衆参両院の首相指名選挙で新首相が決まる見通し。民主党は衆議院で大多数の議席を占めるため、新党首がここ5年で6人目の首相になる。

 ◇考えを変えた前原氏

 前原誠司前外務大臣はその気のないようなふりをしながら、周囲の説得もあり最終的に民主党代表選への出馬を決めた。

 前原氏は23日夜、自らのグループの総会で「国民の政治に対する期待にこたえる政治をやっていかなくてはならない」と強調。「前原派」の中心メンバーによると、前原氏は前日、「政治生命を賭ける決意をした。立候補したい」と語ったという。

 ◇前原氏出馬で激戦に

 前原氏の出馬表明で他の立候補者のプレッシャーが増し、代表選の見通しがわからなくなった。

 野田佳彦氏:財務大臣。主な票は「前原派」議員。前原氏の支持を得る方針だった。野田氏は23日、「出馬の意向は変わらない」と表明。

 海江田万里氏:経済産業大臣。菅首相の「原発廃止」発言をめぐる軋轢が原因で辞任を表明していたが、党代表選前まで辞任しない意向を固めた。

 鹿野道彦氏:農林水産大臣。前原氏の出馬が自らの立候補に影響しない態度を表明。鹿野氏と海江田氏は党内の2大勢力を率いる小沢氏と鳩山氏の支持を得たい考えだ。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年8月23日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古