2011年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Sep 01 2011

劉江永氏:日本の新首相は中庸派 国内の難題いっぱい

清華大学現代国際関係研究院の劉江永副院長

 日本では民主党の野田佳彦新代表が30日午後に衆参両院で行われた首相指名選挙で、第95代、62人目の首相に選出された。野田氏はどのような人物なのか。野田氏の首相就任は日本の国内政局、中日関係、日米関係にどのような影響をもたらすのか。清華大学現代国際関係研究院の劉江永副院長に話を聞いた。

 ■野田氏は中庸派 国内の難題への対応が中心に

 ----野田氏はどのような人物か。就任後、どのような局面に向き合うことになるか。

 野田氏の特徴から言うと、事実上、反小沢派と小沢派の間に位置する。反小沢派の主要メンバーの1人ではあるが、個人の特徴は比較的中庸だ。党内で才気をひけらかしたり、小沢派と共存できない人物ではなく、野党と生きるか死ぬかの争いをする人物でもない。

 野田氏の専門または主な担当経験は財政、経済分野だ。菅直人内閣では財務大臣を務め、国内財政の状況や困難をよく理解している。国際的にはG7財務相会議などの国際会議に頻繁に出席し、国際協調面で一定の経験を積んでいる。日本経済の抱える主な問題、特に財政・金融面の問題について自分の考えを持っている。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古