2011年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:26 Sep 02 2011

中日関係、発展に向けた重要なチャンスに直面

 野田佳彦新首相は当選前、「アジアとの関係はウィン・ウィンの関係でいきたい」と語った。中日両国は互いに最も重要な隣国だ。野田首相が在任中、中日の戦略互恵関係を着実に推進、深化させることができるかどうかが、この言葉を実現する上で最大の試練となるのは間違いないだろう。新華網が伝えた。

 周知のとおり中日両国は一衣帯水の隣国であり、中日の長期的かつ安定した善隣友好関係は両国および両国民の根本的な利益に合致し、アジアないしは世界の平和、安定、繁栄にも役立つ。

 今年、21世紀の新たな10年を迎えた中日関係は、発展に向けた重要なチャンスに直面している。中日双方が共に努力し、各分野での交流と協力を推進し、中日戦略互恵関係を一層深めることは両国民の幸福であると同時に、国際社会の共通の期待でもある。

 現在、両国の経済貿易協力、文化交流、人的往来は大幅に増加し、共通利益も拡大し続けている。だからこそ、中日双方はこのチャンスを一層大切にしなければならない。

 国交正常化以来、中日の経済貿易協力は目覚しい発展を遂げた。昨年の貿易額は約3000億ドルに達し、史上最高となった。中国経済の急成長は日本にも大きなチャンスをもたらしている。

 中日両国は各自のメリットを発揮しながら新たな協力分野を積極的に開拓し、互いに配慮しつつ、互恵・ウィンウィンの関係を実現するべきだ。

 中日両国の人文交流は量、形式、内容のいずれにおいても、絶えず新たなステップに向けてまい進しており、両国間の経済・人文交流、学術・教育交流は今、かつてないほど頻繁に実施されている。両国の人的往来は昨年だけで570万人に達し、過去最高を更新した。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古