2011年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:48 Sep 02 2011

中日関係、発展に向けた重要なチャンスに直面 (2)

 過去100年の近代史の中で、日本の対外侵略・拡張は中国人民に多大なる苦痛をもたらした。その後1972年、中日双方の政治家はさまざまな困難を知恵と忍耐で克服し、国交正常化を実現した。このため、歴史と歴史観は中日関係にとって、避けることのできない重要な問題だ。

 野田佳彦氏はかつて、A級戦犯に関して極端な発言をしたことがあるが、民主党党首に就任後はすぐにアジアとウィンウィンの関係を実現したいと表明した。問題は、侵略の歴史をどう見なし、中国人を含むアジアの人々の感情をいかに尊重するかだ。正しい歴史観を持つことが、ウィンウィン実現に向けた前提であり、基礎となる。もし歴史問題に正しく対処できなければ、中日関係が停滞、あるいは悪化する可能性もある。

 野田佳彦氏は代表選挙の前の演説で「あさがおが綺麗な花を咲かせるために必要なものは昼間の太陽ではなく、夜の闇と冷たさである」と語った。この言葉は中日関係にも当てはまる。歴史に正しく対峙し、歴史を鑑とし、未来に向かってこそ、中日戦略互恵関係を絶えず発展させることができるのだ。

 中日関係は互いにとって最も重要な2カ国関係の1つであり、国際的、地域的にも大きな影響を持つ。このため、中日関係の発展を計画する上では、双方に立脚し、互いの発展のすう勢を把握する一方で、世界にも目を向け、中日関係を地域的・世界的な視野から俯瞰し、時代の流れに適応しつつ、両国関係発展の正しい方向をつかむ必要がある。

 来年は中日国交正常化40周年にあたる。この重要な節目の年に、日本の新首相が長期的な展望を持ち、チャンスをつかみ、発展を共に促進し、繁栄を分かち合い、中日戦略互恵関係を新たなステップに向け後押ししてくれることを人々は望んでいる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年9月2日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古