2011年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:03 Sep 02 2011

「ワシ派」へ向かう日本外交

9月2日、首相官邸に着いた野田首相。

「ワシ派」へ向かう日本外交

 野田佳彦氏が先日、日本の首相に就任した。松下政経塾出身者として初の宰相だ。同塾出身者には強硬的な言動が目立つため、周辺国は一抹の懸念を抱いている。だが全体的、長期的視点から見れば、誰が政権に就こうとも、競争と協力の間で揺れ動くという中日関係の特徴が変わることはない。(文:廉徳瑰・上海国際問題研究院日本研究センター副主任。「解放日報」掲載)

 第1に、日本の対中政策は近代以来の二重外交思考と密接な関係にある。

 第二次大戦前後には大日本主義と小日本主義の争いがあった。すなわち利益をアジア隣国にまで拡大するか日本列島に限定するかの争いだ。第二次大戦後、自民党内には「タカ派」と「ハト派」の争いがあった。対外政策において「タカ派」は強硬、「ハト派」は穏健だった。民主党政権にも強硬派と穏健派の争いが見られる。強硬派は親米傾向、穏健派は親中傾向を持つ。

 日本の対外政策は、こうした二重外交思考の入れ替わりの中で展開されている。したがって、強硬派が政権を握ったからといって悲観することはないし、穏健派が政権を握ったからといって盲目的に楽観すべきでもない。日本の外交は常に強硬派と穏健派、親米派と親中派の揺れの中で展開されているからだ。国交樹立後の中日関係に、良い時期と悪い時期が常にあったのはこのためだ。

 第2に、日本の対中政策は国際関係の大きな環境の変化と密接な関係にある。

 冷戦時代、日本は資本主義陣営につき、その対中政策は基本的に米国の対中封じ込め政策を主軸としていた。中米和解後、日本は中米ソの三角構造に適応して、中日国交正常化を実現。中国と共に「平和友好」関係を築いた。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古