2011年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:12 Sep 06 2011

中国を封建制から民主共和制へ導いた辛亥革命

 20世紀初頭の中国における重大な歴史的事件である辛亥革命の偉大な功績は、封建帝政を覆してブルジョア民主共和制を築き、アジア初の共和国を成立させ、中国資本主義の近代化への政治的、経済的条件を整えたことにある。(文:周鉄農・全人代常務委員会副委員長、中国国民党革命委員会中央委員会主席。「人民日報海外版」コラム「望海楼」掲載)

 1912年1月1日、孫文は南京で中華民国の臨時大総統に就任。同年3月11日には正式な憲法を制定するまでの国の基本法である「中華民国臨時約法」を公布した。同法は「中華民国の主権は国民全体に属す。中華民国人民はみな平等であり、人身、居住、財産、言論、出版、集会、結社、信仰の自由を有す」と定めている。これによって中国を封建専制から民主共和制への軌道に引き上げたことは、辛亥革命の最も重要な成果だ。

 中国を徐々に近代資本主義の軌道へ乗せるため、孫文の指導する南京臨時政府はわずか3カ月余りの存続期間に、一連の改革法令を公布し、政治、経済、教育、社会の変革を行った。孫文は正に中華民国の建国者、民主共和政体の創設者、経済近代化の強力な推進者、社会風習の積極的な変革者であった。

 辛亥革命に参加した林伯渠は1941年に「帝政を経験したことのない多くの青年は、辛亥革命の政治的意義をよく過小評価するが、これは不思議なことではない。彼らは数千年続いてきた専制政体を覆すことがどれほど大変な事だったか実感できないのだから」と感慨をもらしている。かつて皇帝は神聖不可侵、至高無上だった。皇帝ですら打倒できた今、古臭く、腐敗した物で捨て去ることのできないものなどあるだろうか?「臨時約法」はこれまでの常識を打ち破り、「中華民国の主権は国民全体に属す」と初めて明確に宣言した。普通の庶民がこれまでの「子民」「臣民」「蟻民」から、急に国の主に変わった。なんと凄まじい変化だろう!このことが社会生活全体と人々の思考に与えた巨大な衝撃は推して知るべしだ。思想の水門がひとたび開かれれば、溢れ出す思想開放の奔流を遮ることはできない。辛亥革命は中国を数千年間統治してきた君主専制制度を一挙に覆し、その後の中国革命に道を開いた。こうした不朽の成果は特筆大書に値する。

 歴史発展の大きな趨勢から見て、辛亥革命が中国史の重要な分水嶺であったことは間違いない。辛亥革命は中国の伝統社会を終結させる一方で、中国史に新紀元を切り開いた。時が経つにつれて、後者の意義はますます明らかになってきている。その政治目標を最終的に実現することはなく、中国の姿を根本から変えることもなかったが、辛亥革命は畢竟、偉大な民主主義革命であった。それは民主思想の大規模な広まりと民主主義革命行動の嵐のような広がりを伴い、極めて重要な世論喚起作用を果たした。また、民主主義革命の実現によって、全国の庶民は極めて得難い民主主義の教育と洗礼を経験した。

 つまり封建専制を覆し、皇帝統治を覆したこの大規模な社会革命は、中国人にとって深く直接的な民主の教育だったのだ。辛亥革命は中国近代化への道を切り開き、中国社会後退のあらゆる可能性を断ち切ったのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年9月6日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古