2011年9月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:46 Sep 08 2011

日本の野田新首相、10月上旬の訪中を検討

 日本の野田佳彦新首相は早くて10月上旬の中国訪問を検討している。昨年9月の日中船舶衝突事件以来膠着した日中関係をできるだけ早く修復するため、胡錦濤国家主席や温家宝総理と会談し、戦略的互恵関係の深化について確認する意向だ。だが、中国側は野田首相の歴史認識に警戒心を抱いているうえ、政治日程も固まっていないため、訪中時期は変動する可能性がある。日本メディアが伝えた。

 藤村修官房長官は7日午後の記者会見で、野田首相が9月下旬にニューヨークで開催される国連総会に出席することに触れ、「客観的に見て、9月中の訪中は難しい」と指摘した。

 温総理は6日の電話会談で野田首相に早期訪中を招請。野田首相も「双方の都合の良い時期に訪問したい」と応じた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年9月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古