2011年9月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:48 Sep 23 2011

米国政治の悲哀

 米メディアの報道によると、オバマ政権は今月中に台湾への武器売却について決定を下す。中米関係の大局に関わるこの重大な決定が近づくにつれ、米国の一部議員は焦燥と不安を募らせている。彼らは様々な手段を講じて、台湾に先進兵器を売却させようとしている。米連邦議会においてこうしたシーンは決して初めてではない。だが今回の一幕は中米関係の複雑性を一際はっきりと示している。

 ワシントンのこの茶番劇を観察すると、特に注目に値する点が2つある。

 第1に、これは中米関係が全体として安定的発展を維持する中で行われている。中米間の多くの重大事、グローバルな多くの重要事項は、両国の構築した重層的な意思疎通・協力枠組による解決を待っている。

 第2に、重鎮議員がオバマ政権が容易に中止できないよう、武器売却と他の法案を関連づけている。武器売却を推し進めると同時に「対台湾政策行動議案2011」の提出によって「台湾関係法」の強化を試みている議員もいる。

 対中関係の重要性に基づき、ワシントンも武器売却問題においていわゆる「自制的な姿勢」を入念に標榜していた。敏感な武器の売却を減らす、中米間の重要交流の日程に影響しないよう特定の時期を選択する、などだ。だが姿勢は結局姿勢であり、台湾への武器売却の本質は、いささかも変化していない。台湾に武器を売却するいかなる行為も中国への粗暴な内政干渉であり、中華民族の感情を深く傷つけ、中米関係に甚大な打撃を与え、破壊するものなのだ。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古