2011年9月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:47 Sep 23 2011

日本の新首相が所信表明演説

中日戦略的互恵関係の深化を強調
野田佳彦首相

 日本の第178回臨時国会(会期4日間)が13日午後に招集され、野田佳彦首相が衆参両院で就任後初の所信表明演説を行った。

 野田首相は内政面では東日本大震災からの復旧・復興と日本経済の立て直しを最優先課題として強調。外交・安全保障面では昨年末に制定した「新防衛大綱」に従い、即応性、機動性を備えた動的防衛力を構築し、新たな安全保障環境に対応していくと表明した。中日関係については「来年の国交正常化40周年を見据え、幅広い分野で具体的な協力を推進していく。中国が責任ある一員として、一層の透明性をもって、しかるべき役割を果たすよう求めながら、戦略的互恵関係を深める」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年9月14日

野田佳彦首相
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古