2011年9月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Sep 23 2011

南中国海でのインドとベトナムの資源開発は中国への主権侵害

ベトナムが南中国海に建設したプラットフォーム

 南中国海での石油・天然ガス開発プロジェクトにインドが参加するとのニュースが最近国内外メディア多数によって報じられた。プロジェクト実施鉱区が中国の主権海域か否かについて、各方面の発表した情報は曖昧だ。人民日報は調査の結果、その一部が中国の管轄海域にまたがっており、中国への主権侵害にあたることを権威ある機関を通じて確認した。

 ■鉱区は中国・南沙諸島海域の西側に位置する

 インドPTI通信などの報道によると、探査・開発を実施するのはインド国営石油・天然ガス公社(ONGC)。同社は2006年にベトナム政府といわゆる「127号」「178号」両鉱区の採掘についてほぼ合意した。投資金額は2億2500万ドルだ。

 ベトナム通信社の2006年の報道によると、現ベトナム国営石油会社ペトロベトナム(PVN)とONGCは同年5月24日にハノイで「127号」「128号」鉱区に関する契約を締結した。契約の名称と詳細は明らかでない。「127号」鉱区は面積9246平方キロメートル、「128号」鉱区は同7058平方キロメートル。両鉱区はベトナム・ビントゥアン省ファンティエットの東沖合に位置する。人民日報記者がネットで見つけたオーストラリア・BHPビリトン傘下の石油会社(BHP Petroleum)の鉱区分布地図によると、両鉱区はおおよそ中国・南沙諸島海域の西側に位置する。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古