2011年9月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:28 Sep 23 2011

南中国海でのインドとベトナムの資源開発は中国への主権侵害 (2)

 ■インドとベトナムは「南中国海における各国の行動宣言」を破壊

 石油・天然ガス開発はベトナム経済の重要な柱だ。2010年のPVNの総収入は478兆4000億ドン(1ドル=約2.1万ドン)で、同年のベトナムのGDPの約24%を占めている。近年ベトナムは沿海石油・天然ガス開発で外資との協力を加速している。インドも国内エネルギー需要の高まりから、全世界で協力パートナー探しを加速している。

 アナリストは、インドもベトナムもこの地域の敏感性はよく理解していると指摘する。インドとベトナムによる2006年の契約締結以降、中国は外交ルートなどを通じて両国に自国の立場を伝え、中国の主張・立場・権益を尊重し、問題の複雑化や拡大を招くいかなる行動も一方的に取らないよう関係国に求めると共に、南中国海係争に巻き込まれないよう外国企業に呼びかけてもきた。それから数年が経ったが、インドとベトナムは依然中国の警告を顧みず、同プロジェクトをあくまで推進しようとしている。これが「南中国海における各国の行動宣言」および先般採択されたばかりの同「指針」を破壊する行為であることは明らかだ。

 中越、中印の経済貿易協力は近年著しく進展している。中国はすでに米国を抜いてインド最大の貿易相手国となり、ベトナムにとっても長年にわたり最大の貿易相手国であり続けている。相互貿易は中越、中印に大きな利益をもたらしている。もしベトナムとインドが南中国海のこの小さな利益のために、中越、中印および南中国海全体の平和・安定と経済発展の大きな利益を破壊するのなら、得るものより失うものが大きいのは明らかだ。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古