2011年10月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:12 Oct 08 2011

慰安婦請求権 日韓に大きな隔たり

 韓国を訪問中の玄葉光一郎外相は6日午後、金星煥(キムソンファン)外交通商相とソウルで会談した。日本の植民地時代に従軍慰安婦にされた韓国人女性の賠償請求権問題について意見交換を行ったが、意見の隔たりは埋まらず、立場の違いが一層鮮明になった。韓国聯合ニュースが伝えた。
 
 金氏は請求権問題をめぐる政府間協議を提案した。慰安婦問題は女性の人権にかかわる人道的問題との考えを強調、被害者の平均年齢が86歳に達しているとして、「大国として決断を下すべき」と解決策の模索を日本側に求めた。
 
 これに対し、玄葉氏は会談後の共同記者会見で、請求権協定をめぐる立場について「これまで一貫して示してきた」として明言を避け、「金外相と引き続き話し合いたい」と述べた。
 
 聯合ニュースによると、玄葉氏の発言は「請求問題は解決済み」とする「韓日請求権協定」(1965年締結)の立場を改めて示したもので、韓国側の提案を事実上拒否したものという。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年10月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古