2011年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:15 Nov 15 2011

中ロ、今後10年の関係発展計画を策定

胡錦濤国家主席がプーチン首相と人民大会堂で会談

 胡錦濤国家主席は12日午前、ロシアのプーチン首相と人民大会堂で会談し、両国関係や重大な共通関心事について踏み込んで意見交換し、広範な共通認識に達した。

 胡主席は「今年6月に私は国賓としてロシアを訪問した。訪ロは成功だった。双方は『中ロ善隣友好協力条約』締結から10年間の両国関係の発展や成果を総括し、今後10年間の関係発展について新たな計画を定めた。ロシア側と共に、条約締結10周年を契機に、条約の原則と精神を遵守し、条約に定めた責任と義務を恪守して、政治的・戦略的相互信頼を深め、各分野の交流や協力を拡大し、中ロ両国の善隣友好、互恵協力、共同発展をより良い形で促したい」と述べた。

 プーチン首相は「ロ中関係は非常に順調に発展している。胡主席による今年6月の国賓としての訪ロは大きな成功を収め、両国関係の発展にとって新たな原動力となった。両国は実務協力を深め続け、重大な国際・地域問題で緊密に協調している。中国側と共に努力して戦略的相互信頼を一層強化し、ハイレベル交流を継続し、各分野の実務協力を深め、中ロ戦略的協力パートナーシップを前進させていきたい」と表明した。

 胡主席は「双方の努力の下、中ロの経済・貿易協力は世界金融危機の負の影響を克服し、急速な発展の道を再び歩み始めた。中ロの経済・貿易協力には強い補完性と巨大な潜在力がある。双方はさらに潜在力を掘り起こし、協力規模を拡大し、相互投資を増やし、大型プロジェクトでの協力を強化し、エネルギー協力を深め、地方協力を促進し、経済・貿易協力の質と水準を高め続け、相互貿易額を2015年までに1000億ドルに引き上げるとの目標の実現に向けて共に努力すべきだ」と述べた。

 プーチン首相は「両国の経済・貿易協力は近年、重大な進展を遂げ、貿易規模は著しく拡大している。中国側と共にエネルギー・科学技術・航空・宇宙分野の戦略的協力を一層強化し、地方協力を深め、双方の定めた貿易発展目標の実現に努めたい」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月13日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古