2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:43 Nov 22 2011

南中国海:インドと対照的に危険な日本

 日本とインドは最近、南中国海問題に全面的に介入する姿勢を打ち出し、実際にフィリピンやベトナムから呼応を得ている。だが両国共に問題をかき乱しに来てはいるが、利害の軽重は大きく異なる。(文:張文木・北京航空航天大学教授。「環球時報」掲載)

 日本にとって南中国海はまさに死活的利益に関わる地域だ。北東アジアの比較的封鎖された地域に位置する日本は、北ではロシアとの北方四島問題が未解決のままであり、西では中国、朝鮮、韓国との間に歴史的原因による領土係争や日本の侵略による民族感情の問題を抱え、中国とは東中国海で地政戦略上の利害対立も抱える。東では一見緊密な日米同盟を擁すが、所詮米国は日本に原爆を投下した唯一の国であり、両国間に真の信頼が構築されたことはない。日本は資源が極端に欠乏しているうえ、世界に出るには南中国海を経由しなければならないことを考えれば、日本にとって南中国海の持つ戦略利益上の必要性は言うまでもない。戦略上の重大な必要性があってこそ、構造的な戦略対立が生まれる。日本が20世紀に太平洋戦争を発動したのは、まさにこのためだ。その後国際情勢は大きく変化したが、日本の置かれた地政学的苦境、およびそこからの脱却の企てと道筋は今も変わらない。

 現在日本は中国の「強硬な主張」を抑え込むとの口実の下、再び南中国海への進出を図り、しかもフィリピンやインドネシアから共鳴を得ている。南中国海周辺国にとって実はこれは「狼を部屋に引き入れる」行為に等しい。日本が南中国海に進出するには跳躍台として一連の島々が必要であり、その最初の跳躍台が台湾であることは誰もが知っている。このため日本はこれまで長年、台湾に対する分不相応な望みをあきらめずにきた。1972年の「中日共同声明」で日本は台湾が自国のものではないことを承認したのみで、中華人民共和国のものとは認めていない。これは事実上、南中国海への再進出に向けた伏線だった。将来もし日本が台湾に足場を固めれば、次に必ず争うことになる第2の跳躍台はフィリピンだ。

 今回日本の南進のために南中国海の門を開いたのが、太平洋戦争時の最初の被害国であるフィリピンだったことは皮肉だ。東南アジア諸国にとって、第二次世界大戦後に極東で樹立されたヤルタ体制は平和保障の体制だった。ヤルタ体制によって台湾の主権が中国に返還された。これは日本の南中国海進出を抑止する役割を果たした。そしてヤルタ体制を法的に支えたのが日本の平和憲法なのだ。現在平和憲法はほぼ有名無実化している。東南アジアの一部の国も日和見主義外交を展開し、日本のために自ら南中国海の門を開いている。その結果、極東地域の平和を保証するヤルタ体制に抜け穴ができた。これは東南アジア諸国にとって、墓穴を掘るに等しい。

 日本と対照的に、インドにとって南中国海問題への介入は、せいぜい一緒になって騒いでいるに過ぎない。インドの安全保障における生命線は、南中国海ではなくインド洋だ。インド洋に米海軍のディエゴガルシア基地があるのを見て、次に今世紀初めのアフガニスタンとイラクでの戦争の結果を見れば、現在インドがインド洋を支配する段階から程遠いことは明白だ。さらにインドが北で大陸国から牽制を受けていることも言うまでもない。南中国海へのインドの大仰な介入はせいぜい、1902年にロシア牽制のため日本を仲間に引き入れた英国の外交戦略の模倣に過ぎない。東から中国を牽制することが目的であり、インド自体は南中国海の政治に実際の戦略的価値は見出していないのだ。玄関先にペルシャ湾を望むインドが南中国海の石油・天然ガス資源を特別必要とするとは考えにくい。対照的に日本は南中国海こそ生命線であり、歴史上、台湾を実効統治したこともある。将来もし日本が「台湾独立」勢力を後押しして政権を獲得させたなら、東アジア全体に次々と災禍が降りかかることだろう。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月19日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古