2011年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:09 Nov 15 2011

「不透明さ」の無限連鎖に没落する日本

 日本政府の指導者は先日、中国の「持続的な軍事力増強」と「周辺海域で繰り返される活発な活動」によって、日本周辺の安全保障環境の「不透明さ」が増していると発言した。

 日本が自国の安全保障環境についてどう感じていようと誰も興味はないし、中国の急速な発展が説明材料にされるのも初めてではない。だが、歴史問題における日本政府指導者の過去の誤った発言や、南中国海問題における日本外交の最近の無責任な行動と結びつけて考えると、反応をせざるを得ない。

 日本が人為的に「不透明さ」を作り上げるのは、何ら目新しい手法ではない。曖昧さの背後には実に多くの、綿密かつ人に知られたくない謀(はかりごと)がある。

 航空自衛隊の閲兵式を選んで中国を名指しで非難したのは、明らかに深謀遠慮に基づくものだ。日本メディアによると、防衛省は11月末の最終決定に向けて次期主力戦闘機(FX)の選定作業を積極的に進めている。「再武装」実現の現実的理由を求め、中国を仮想敵と見なしているのだ。このような謀は対中外交の範疇を超えるものであり、アジア各国は十分な警戒を保つ必要がある。

 日本のもう1つの綿密な謀は、米国の「アジア回帰」戦略への捉え方にはっきりと現われている。日本は米国のアジア戦略強化を利用して自国の地位を高めると同時に、米国の歩調に従い中国周辺での活動を活発化させようと企んでいる。これは「二重保険」戦略であり、たとえ米国の力が及ばない情況が出現しても、日本は独自の中国牽制サークルを持つことができるのだ。

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古