2011年10月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:31 Oct 21 2011

アジア太平洋に視線を向けるロシアに懸念を抱く米日

 自分の玄関先でロシアの戦略爆撃機を目にすれば、どの国でも気をもむだろう。轟音を鳴り響かせ、ゆっくりと飛行する、極めて大きな威力を持つTu95が、「身辺」を高速で飛行する、優れた装備を持つ戦闘機をあざけるのは、まるでロシアが戦略上のライバルをあざけているかのようだ。今年に入り、こうした状況がロ日間で繰り返されている。日本メディアが16日に報道した統計によると、今年日本の戦闘機が行った緊急発進(スクランブル)の半数はロシア軍機の「訪問」に対するものだった。このほかにもロシアの軍艦20数隻がロ日が国境を接する宗谷海峡を通過。ロ朝は合同軍事演習を計画しており、両国の鉄道・パイプライン協力は世界の注目の的だ。産経新聞は「ソ連時代に衰退した力を再興する試み」と指摘する。人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が伝えた。

 ■「米日の神経を試す」ロシアの極東での行動

 日本メディアは16日、防衛省統合幕僚監部の最新統計として、「領空侵犯の恐れのある」外国機に対する航空自衛隊のスクランブル回数が4~9月は203回に上ったと報じた。対中国機が急増したものの、半数以上の106回は依然北方の対ロシア機だ。

 今年に入りロシアは東進の動きを活発化させている。9月初めにロシアの戦略爆撃機Tu95と対潜哨戒機数機が日本領空に接近し、周辺空域を1周した。産経新聞は直ちに「ロシア軍機にこうも堂々と日本を一周されて、どうして平静でいられるのか」と日本政府に詰問した。10月14日に野田佳彦首相はプーチン首相に電話し、この「挑発」行為に再度抗議したが、プーチン首相は「落ち着いた友好的な雰囲気の中で議論したい」とだけ回答した。

 「立体展示」効果を達成するためか、9月9日にはロシアの軍艦24隻が宗谷海峡を異例の通過。その後、これをロシア太平洋艦隊と朝鮮海軍による軍事演習と発表した。ロシアは9月末に極東のカムチャッカ半島で軍事演習を実施。新型戦略原潜を太平洋艦隊に配備する方針も発表した。10月12日にロシア国防省は南クリル諸島(日本名:北方四島)にミサイルや戦闘機を配備すると発表。ロシアのネット新聞ブズグリャドは「南クリル諸島は完全武装される」と報じた。

 ロシアは軍事行動以外に、外交・経済面でも太平洋への「東方拡大」を進めている。13日には朝鮮の羅津港に通じるロ朝鉄道路線が開通した。ロシア側は朝鮮半島縦断鉄道とシベリア鉄道を「一体化」させる構想を明らかにしている。ロシア・朝鮮・韓国を結ぶ天然ガスパイプラインプロジェクトも大きな話題だ。西側メディアは、ロシアが先日「ユーラシア連合」を高らかに発表したことや、プーチン首相が大統領選出馬発表後の初の訪問国として中国を選択したことも、ロシアの「太平洋への東方拡大」を裏付けるものと捉えている。

 AP通信は「ロシアがコンビネーションブロー式の一連の行動によって、極東での影響力を盛り返し、日米同盟の戦略幅を狭めようとしていることは明らかだ」と指摘。「RUSNEWS.CN」は「ロシア軍は来年、朝鮮・中国との合同海上軍事演習を計画している。こうした動きが日米の神経を試すものであることは間違いない」としている。毎日新聞は「これらはロシアが安全保障と戦略の重心を東アジアへ移し始めたことを示す兆候かもしれない」との戦略学者・小泉悠氏の見方を紹介している。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古