2011年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Oct 25 2011

日本はなぜしきりに「中国脅威論」を誇張宣伝するのか? (3)

 ■日本が「普通の国」になるうえでの障害は米国

 日本の真の障害は明らかに米国だ。現代史から見ると、米国に対する日本の恨みには相当深いものがある。かつて日本を開国させたのは米国であり、中国ではない。第二次世界大戦中、原子爆弾2発によって日本を元の形に叩き戻したのも米国だ。さらに長い間、米国は日本の政治・経済・外交・軍事的発展に変更不能な制約を課し続けてきた。「普通の国」へ歩み出そうとする日本にとって、障害はいつも米国からやってきた。日本の戦略・政策決定者は、「外的脅威論」誇張宣伝の様々なパフォーマンスが、ある意味、米国に見せるためのものであることをよく心得ている。

 日本では大地震や重大な放射能漏れ事故が発生したばかりだ。常識的に見て、今は戦闘機を新しくし、軍事力を強化し、内外政策を変更するうえで最良の時期ではない。なのになぜ日本は再び「外的脅威論」を誇張宣伝し、「普通の国」への道を歩もうとしているのか?つまるところ、これも米国が原因だ。

[1] [2] [3] [4]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古