2011年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:17 Oct 26 2011

中日国交正常化40周年記念活動の日本側執行委員会が発足

 中日国交正常化40周年記念活動の日本側執行委員会が25日に東京で発足し、初の会合を開いた。

 執行委員長を務める経団連の米倉弘昌会長は「日中国交正常化40周年を契機に日中交流を深め、友好的往来を強化し、両国関係の発展をさらに促したい」と述べた。

 米倉氏は「わが国は震災からの復興期にあり、経済も円高など困難に直面している。だが日中関係の重要性に鑑み、また、震災後すぐに心ある援助の手を差し伸べてくれた中国政府・国民に感謝するため、各界は政府と共に日中国交正常化40周年記念活動の企画運営、推進に全力で取り組み、日中友好協力に寄与していく」と述べた。

 中国の程永華駐日大使も出席し、委員会の発足を祝福。「来年両国は国交正常化40周年を迎える。両国関係の発展にとって非常に意義のある重要な1年だ。この40年間を振り返ると、中日関係は様々な試練を経験し、様々な困難を克服した後に多大な発展を遂げ、両国の発展、さらにはアジアと世界の平和・安定に大きく貢献した。これまでの成果を大切にし、平和・発展・協力という大きな歴史的潮流の中に中日関係を据え、長期的・戦略的視点に立って、今後も各分野の友好交流や実務協力を推進し、戦略的互恵関係をさらに推進、発展させていくことを希望する」と述べた。

 中日両国政府は1972年9月29日に「中日共同声明」を発表し、国交正常化を果たした。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月26日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古