2011年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:58 Nov 15 2011

中長期的な中日戦略的互恵関係を計画・発展

 湖南省長沙市で開かれていた第5期「新中日友好21世紀委員会」の第3回会合は25日に閉幕した。来年の国交正常化40周年を控えた重要な時期の会合だ。3日間の会合で双方は現状に立脚し、未来志向で、「グローバルな視野:国交正常化40年を振り返り、中長期の中日関係を展望する」とのテーマにしっかりと沿って、率直で踏み込んだ、実務的な議論を行い、多くの重要な共通認識にいたった。

 会合は(1)来年の中日国交正常化40周年という貴重なチャンスをしっかりと捉え、一連の活動を行うことで、中日関係が大きく発展する1年とする(2)長期的で健全な安定した道に沿った両国関係の前進に向けて、二国間・地域・グローバルの各レベルから中長期的な戦略的互恵関係を全方位的に計画し、発展させる----との2大目標を打ち出した。

 双方の委員からは以下の具体的提案が示された。

 (1)来年の国交正常化40周年を重要な契機として、国民・文化交流を推し進め、両国民の友好的感情の絆をさらに強化する。特に青少年交流への取り組みを強化し、粘り強く継続する。
 (2)戦略的視点から政治・安全保障上の相互信頼を重視し、強化する。両国政府・各界有識者は相手を客観的かつ正確に捉え、問題を適切に処理すべく一層努力する。
 (3)時代の潮流を把握し、グリーン経済やハイテクなどの分野で大規模な協力プロジェクトを打ち出し、経済・貿易協力の水準を引き上げ、モデル移行を一歩一歩実現する。
 (4)両国の経済・社会発展のすう勢に着眼し、両国共通の試練や課題について交流や協力を推し進め、互いに参考にし合い、補完し合う。
 (5)開放・包含の精神に基づき、中日韓および東アジア自由貿易圏の構築を共同で推し進め、アジア統合過程のたゆまぬ、踏み込んだ発展を先導する。
 (6)複雑な世界経済・金融情勢の下、中日両国は貿易・投資・資源・エネルギー分野の協力の強化を通じて、試練への共同対応能力を強化すべきだ。

 中国側座長の唐家セン氏は総括の発言で「今回の会合で双方の委員は終始積極的に参加し、頻繁に働きかけ合い、それぞれを緊密につなげ、たゆまず踏み込んで議論した。見解の衝突や対立もあったが、共通の目標や見解の融合がそれを上回った。双方の委員は共に中日間の4つの政治文書の重要な指導的意義を強調し、戦略的互恵関係の推進について価値ある見解、大きな構想、具体的提言を多数示し、実り豊かな成果を上げた」と述べた。

 日本側座長の西室泰三氏は総括の発言で「会合では多くの事柄が議論された。双方の委員は誠意をもって接し、踏み込んで交流し、相互理解を深めた。双方はより広範な分野で各レベルの交流・協力を強化し、政治・安全保障上の相互信頼の強化に努め、日中関係の持続的な前進を促すべきとの認識で一致した」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月26日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古