2011年10月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:08 Oct 27 2011

国防部:日本の自衛隊は東中国海で対中偵察を強化し続けている

国防部の楊宇軍報道官

 国防部の楊宇軍報道官は26日の定例会見で、日本の自衛隊が近年東中国海で中国をにらんだ偵察活動を強化し続けていると指摘した。中国近海を偵察する自衛隊機の数は今年1月から9月までの間に前年同期比44%増加したという。

 ----日本防衛省の統計によると、今年4月から9月までの間に、領空侵犯のおそれのある外国機に対して実施された、航空自衛隊の戦闘機による緊急発進(スクランブル)は203回に上る。このうち対ロシア機が106回、対中国機が83回となっている。報道は対中国機のスクランブルが前年同期比3.5倍に増加したと指摘する一方で、中国機が領空を侵犯したケースはないともしている。これに対してコメントは。

 報道に留意してる。日本の対中非難は成り立たない。中国軍機の飛行活動は国際法と国際慣例に完全に合致している。実際には、近年自衛隊の艦艇や航空機は東中国海で中国をにらんだ偵察活動を強化し続けている。統計によると中国近海を偵察する自衛隊機の数は今年1月から9月までの間に前年同期比44%増加した。日本の艦艇・航空機による頻繁な対中偵察は中国の安全保障上の利益を損ない、中国の軍事訓練活動を著しく妨害し、中国側艦艇・航空機の安全を脅かしている。これは中日に海や空の安全問題を引き起こしている根本的原因だ。これについて、われわれは十分な証拠を持っている。責任ある姿勢で有効な措置を取り、海や空の事故や不測の事態の発生を回避・防止することを日本側に望む。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古