2011年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:57 Nov 15 2011

中国、南北対話・和解を強く支持

李克強副総理と李明博大統領が会談

 韓国の李明博大統領は26日、ソウルの青瓦台(大統領府)で中国の李克強副総理と会談した。

 李克強副総理は「国交樹立から20年、各分野の交流や協力は全面的かつ急速に発展し、両国関係はたゆまず新たな段階へと進んでいる」と指摘。▽ハイレベル相互訪問を継続する▽新たな、複雑な世界経済情勢の下、共に困難を乗り越え、協力を強化する。経済・貿易協力をさらに新たな段階へと押し上げ、中韓自由貿易圏の構築を推進し、両国間の通貨スワップ枠を1800億元から3600億元にまで拡大する。これらによって相互貿易・投資を一層推進し、地域金融・経済の安定を維持する▽人的・文化交流を拡大し、来年の国交樹立20周年記念活動を成功させる--必要性を指摘した。

 李明博大統領は「韓中は経済・人・文化・国際分野でいずれも良好な協力を維持している。麗水万博への中国の支持に感謝する。世界経済が金融危機の影響で厳しい状況にある中、中国が危機対策において重要な役割を発揮したことを高く評価する。韓中は近隣国としての強みを十分に発揮して、各分野の協力を拡大すべきだ。中国とハイレベル往来を継続し、経済・貿易分野の実務協力のさらなる発展を共に促していく。来年の国交樹立20周年を契機に人的往来を拡大し、民間の友好を深めていく」と述べた。

 朝鮮半島情勢について、李克強副総理は「朝鮮半島の平和・安定維持は地域各国の共通利益に合致する。昨年後半以来、関係各国の努力の下で朝鮮半島の緊張は緩和している。各国がさらに努力し、対話と緩和の基調を揺るぎないものにし、6カ国協議の早期再開を目指すことで、朝鮮半島の平和と安定を的確に守り、非核化を実現することを希望する。南北が対話を通じて関係を改善し、和解・協力・共同発展を実現することを心から支持する」と述べた。

 李明博大統領は、朝鮮半島問題で中国の発揮している重要かつ建設的な役割を称賛。「各国と共に努力して朝鮮半島の平和と安定を守り、非核化プロセスを推進したい。実務的姿勢で朝鮮との対話を行い、南北関係を改善したい」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月27日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古