2011年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:05 Nov 01 2011

学者:中国・EU協力には理性的に互いを捉えることが必要

 EU諸国は先日の首脳会議で、欧州債務危機の解決策について重要な枠組み合意にいたった。これについて中国はEUが団結して問題を解決することを歓迎し、引き続き協力を強化する意向を表明した。中国とEUの学者らは29日に北京で開催された国際シンポジウム「中国人の見るEUと欧州」で、危機の時期に良好な協力を行うには、中国・EU双方が共に偏見を棄て、理性的に互いを見ることが急いで必要だと指摘した。中国新聞網が伝えた。

 ユーロ圏の危機対策基金に中国が出資する可能性が高いとの報道について、英ノッティンガム大学現代中国学部学部長で、著名な華人経済学者である姚樹潔氏は「欧州債務危機に際し中国が援助の手を差し伸べることは、双方の協力を一層強化する千載一遇のチャンスとなる。だがEUには中国の『友好的支援』の真の動機を疑う声がある。欧州を『拉致』し、完全な市場経済地位の認定を含む多くの問題で、欧州首脳に中国への妥協を迫ろうとしているというのだ」と指摘する。

 欧州に存在する対中偏見について、中国社会科学院研究生院の劉艶紅講師は「欧州は中国問題の処理において『規範力』外交戦略の運用に慣れている。つまり観念や規則の輸出によって自らの優位を確立するものだ。だが中国の発展にともない、国際パワーバランスにも変化が生じている。中国・EU関係の現実的な利益判断に基づき、欧州のこうした外交戦略も適切に調整されるべきだ」と指摘する。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古