2011年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Nov 03 2011

G20首脳会議の3大議題

 フランス・カンヌで3、4の両日開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(カンヌ・サミット)が世界経済の回復と成長、国際金融市場の安定維持に重要な影響を及ぼすことは間違いない。人民日報海外版が伝えた。

 ■世界経済の成長促進

 カンヌ・サミットの中心議題の1つは、世界経済情勢とその回復・成長だ。

 今年後半以降、米経済は成長力を欠き、欧州は債務危機の泥沼に陥り、新興経済国もインフレに悩まされ、世界経済の成長は徐々に減速している。カンヌ・サミットに先立ちG20財務相・中央銀行総裁会議が14、15の両日に開かれ、各国の共同歩調に基づく行動計画を首脳会議に提出することが決まった。行動計画は▽主要国は各々の国情に基づき、信頼回復と成長促進に向けた措置を講じるとともに、明確で信頼できる、具体的な財政再建策を実行する▽新興経済国は必要時にマクロ経済政策を調整し、経済成長を維持し、インフレ圧力を軽減し、資本流動への対応能力を強化する▽G20の全構成国は構造改革をさらに推し進め、潜在的成長率を掘り起こすとともに雇用を拡大する??としている。

 ■重大な経済・金融問題に焦点

 複雑な世界経済情勢を前に、カンヌ・サミットでは国際経済・金融分野の重大かつ差し迫った問題に焦点を合わせ、先進国の債務危機、保護貿易主義、世界経済ガバナンスへの適切な対応が話し合われるとアナリストは予測する。

 7月以来、欧州債務危機は悪化を続け、世界経済の成長にとって大きな脅威の1つとなっている。議長国フランスは9月に、欧州債務危機をカンヌ・サミットで取り上げ、合意形成を目指す方針を明らかにした。

 欧州首脳は最近、一連の債務危機解決策を打ち出した。ファンロンパイEU大統領とバローゾ欧州委員長は29日、G20構成国首脳に連名で書簡を送り、EUのまとめた債務危機対策の的確な実行を約束した。

 中国の崔天凱外務次官は「カンヌ・サミットでは引き続き保護貿易主義に断固反対すべきだ。世界経済の回復・成長における新興市場国や発展途上国の積極的な貢献を客観的に認識し、その発展に良好な外的環境を築かなければならない。国際通貨制度改革、世界経済ガンバナンス、大口商品価格問題のいずれにおいても新興市場国や発展途上国の意見を重視し、こうした国々の議席を増やし、発言権を高めなければならない」と強調した。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古