2011年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:38 Nov 03 2011

中国・ペルー国交樹立40周年、両国首脳が祝電を交す

 胡錦濤国家主席は2日、ペルーのウマラ大統領と祝電を交し、両国の国交樹立40周年を熱烈に祝した。

 胡主席は祝電で「ペルーは中南米諸国の中で最も早く新中国と国交を樹立した国の1つだ。国交樹立以来40年、双方の努力の下、両国の政治的相互信頼は深まり続け、実務協力は実り豊かな成果を上げ、人的・文化交流は盛んに発展し、両国は国際・地域問題で緊密に協調・協力している。中国とペルーは共に発展途上国で、発展上重要な段階にある。中国はペルーとの関係発展を強く重視している。ペルー側と共に引き続き伝統的友情を深め、互恵協力を拡大し、戦略的パートナーシップの進展を促し続け、両国および両国民に幸福をもたらしたい」と表明した。

 ウマラ大統領は「1971年11月2日の国交樹立以来、両国関係は協力と相互尊重の道に沿って前進を続け、二国間・多国間協力で実り豊かな成果を上げてきた。2008年に両国は両国関係を戦略的パートナーシップに格上げした。ペルー・中国自由貿易協定の締結と発効は両国関係の発展における一里塚であり、両国の経済・貿易関係を力強く促すものだ。両国関係の発展に一層の活力を吹き込み、両国民に幸福をもたらすべく努力したい」と表明した。

 同日、両国の外相間でも国交樹立40周年の祝電が交された。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月3日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古