2011年11月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:25 Nov 08 2011

日本の自衛隊が中国をにらみ大規模な軍事演習

中日間で緊張激化のおそれ
今月10日に日本・九州で行われる陸上自衛隊の実弾射撃訓練に参加するため、北海道方面の陸上自衛隊の90式戦車4両を含む車両計50両余りが民間の大型輸送船ではるばる海を越えて大分県に向かった。

 日本の毎日新聞(6日付)によると、日本の自衛隊は今月10日から大分県で中国を仮想敵国に軍事演習を行う。軍事用車両1500台を投入するほか、民間の高速フェリーを初めて徴用し、「参戦」させる。北海道から陸上自衛隊の最精鋭部隊・第7師団も参加する。北東から南西への大規模な軍事動員は実に異例だ。

 中国の軍事専門家は6日、今回の演習と異例の動員について「昨年の防衛大綱改定を受けた、中国に対する宣言的な演習だ。実戦的意義については明言しがたいが、危険なシグナルを発したことは間違いない」と指摘した。人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が伝えた。

 ■精鋭師団が北東から南西へ応援に

 毎日新聞によると、この大規模軍事演習には自衛隊員5400人、軍事用車両1500台、戦闘機30機が参加する。また、初めて北海道から部隊と軍事用車両を投入する。北海道と大分県は3000キロ以上離れているため、初めて民間の高速フェリーを徴用し、「参戦」させる。これは北海道と青森県を結ぶ津軽海峡フェリーの「ナッチャンWorld」で、一度に自動車350台と乗客1746人を時速36ノットで輸送する能力を持つ、日本最高速の1万トン級フェリーだ。

 報道によると、今回の大規模な軍事演習は中国を明確に最大の仮想敵国とした昨年の防衛大綱改定を受けたもので、最精鋭部隊の第7師団も参戦する。第7師団(北海道千歳市)は高速フェリーを徴用。7日午後に90式戦車と89式戦闘装甲車計10数両、自衛隊員230人を乗せて苫小牧港を出発し、9日午前に大分港に入る。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古