2011年11月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:30 Nov 09 2011

中国少将:インド軍の質悪い 国境部隊増強は無駄

資料写真:検閲を受けるインド陸軍の兵士

 著名軍事専門家の彭光謙少将は7日午後、人民網の強国フォーラムに招かれ、ネットユーザーとオンライン交流を行った。

 ネットユーザーが注目する、インドが対艦ミサイル「ブラームス」の第4部隊を配備し中国の空の安全を脅かしていることについて、彭光謙少将は「インドの一部の人たちは近ごろ、憶測し、騒ぎ立てている。彼らはいわゆる『中国の脅威』を幻想し、中印国境において軍備を強化している」と述べた。

 実際、中印間には国境紛争の遺留問題のほかに利益に関わる対立はなく、中国はインドを脅威と見なしたことは一度もない。

 インドの戦車、ミサイル、師団の増強は単なるこけおどしにすぎず、無駄ばかりで利益のない行動だ。インドの国力、軍事力がいかほどか、自身がよくわかっているはずだ。

 1962年の中印国境紛争で、カウル中将は30分早くヘリコプターに乗って逃げていなければ、生け捕りにされていた。当時、中国軍の武器装備は技術的にインド軍より劣っていたが、インド軍には戦闘力がなく、質は全体的に悪かった。

 彭光謙少将は、「今では、中国軍の武器装備のレベルは大きく進歩した。中印の能力を比べると、中国は軍隊の意気込み、指揮能力、戦略レベル、作戦意志の面でインドをはるかに上回るだけでなく、武器装備や技術レベルもインドより上だ。インドの一部の人たちはそれ以上たわごとを言わないように」と忠告した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年11月8日

資料写真:インド陸軍が装備する対艦ミサイル「ブラームス」
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古