2011年11月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Nov 10 2011

韓国の新軍事基地は米国の中国監視陣地となる

 外国メディアによると韓国で8日、済州島の軍事基地建設に反対した市民4人が逮捕された。市民らは基地が最終的に米国が中国に対抗するための陣地となり、中韓関係の友好的発展が阻害されることを心配している。

 韓国政府は地元住民の反対を顧みず、今年1月に総額9億7000万ドルを投じて軍事基地の建設を開始した。韓国国防相は基地は朝鮮をにらみ、海上輸送の安全を確保するためのものであり、地元経済も潤すとする一方、米軍艦艇が自由に寄港できることも認めている。

 基地が米国が中国を監視するための前線陣地となり、必要時には米軍の兵士や武器が配備されるとの見方も多い。

 韓国の専門家は「基地は中国大陸から300マイルも離れておらず、米軍にとってはまさに夢にまで願った場所だ」として、1年または5年以内に米海軍の新たな「新居」になるとの見方を示している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月10日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古