2011年11月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:11 Nov 11 2011

APEC首脳会議の3大注目点 (2)

 第2に、APECがグローバルな自由貿易の推進における新たな原動力になれるかどうかだ。1999年以来、WTOの枠組みの自由貿易交渉「ドーハ・ラウンド」は度々挫折。農産物関税をめぐり各国の争いは止まず、ドーハ・ラウンドの進展は力を欠いている。だがグローバルな自由貿易体制の刷新は待ったなしだし、保護貿易主義への反対とグローバルな自由貿易プロセスの推進を求める声も待ったなしだ。ハワイ会議でAPECがグローバルな自由貿易プロセス推進の新たな動力を見出せれば、ドーハ・ラウンド交渉に進展がなくとも、アジア太平洋協力の新たな実践によってグローバルな自由貿易システムの高度化を促し、APECの重要な力を示すことができる。

 第3に、グローバル経済を低迷から救うための新たなエンジンをかけられるかどうかだ。貿易は豊かさを、自由貿易は競争と繁栄をもたらす。だがグローバル経済が低迷する中、自由貿易の効率をどう発揮するかは、相当程度において将来の成長軸や、省エネ、排出削減、クリーンエネルギー、再生可能エネルギーと結びつけて考えることが必要だ。こうした背景の下、APECは「炭素関税」のような少数の先進国のやり方に従うのではなく、エコ製品への関税引き下げを行うべきだ。これはグリーン経済協力の深化においてアジア太平洋経済が世界の他の地域をリードする上でプラスだ。

 だが、ご飯は一口ずつ食べなければならず、物事も一件ずつ行わなければならない。今回のAPECハワイ会議で、域内21カ国・地域の新たな共通認識と活力を確実に高め、有効な行動計画をまとめ、「共通だが差異ある」APEC精神を保持すると同時に行動の整合性を強化できれば、アジア太平洋経済協力は希望に満ちたものとなる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月11日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古