2011年11月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:33 Nov 11 2011

日本の軍事演習は本当に中国が対象なのか? (3)

 日本の兵力の対外運用は今のところ憲法の制約を受けている。この制約がなくさなれば、日本の対外用兵は実現しない。しかし軍事的角度からすると、日本が受けている制約は法律上だけでない。もう一つの制約は能力的制約だ。法的制約を解決後、海外で兵を動かすう能力があるのか?今回の演習はこの能力の問題を解決するためだ。

 ◇日本の大きな野望

 今回の演習の対象が中国だけでないとすれば、では日本はなぜ意識的、無意識的に中国を持ち出すのかという疑問が残る。

 日本の大多数のメディアが、今回の演習は中国を牽制するのが狙いと分析している。他のメディアも基本的に黙認の態度をとっている。

 日本政府はこうした方向性を喜んでいるのは明らかだ。意識的、無意識的に中国に狙いを定めることで、日本は多くの面倒を回避できる。日本は一連の演習と軍備拡大も同じくその矛先を中国に向けている。日本の目的は、ただ単に作戦方式を中国との「実際の作戦」に運用することではなく、軍事力をより広い範囲で運用する、いわゆる「正常な国家」の基礎を築くことにある。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年11月11日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古