2011年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:51 Nov 15 2011

胡錦濤主席とオバマ大統領が会談

 胡錦濤国家主席は12日、米ハワイ州の州都ホノルルでオバマ米大統領と会談した。両首脳は両国関係および世界や地域の共通関心事について率直に、踏み込んで意見交換し、広範な共通認識にいたった。また、両国の協力パートナーシップのたゆまぬ前進のため共に努力する意向を表明した。

 胡主席は「中米関係の発展は新たな正念場を迎えている。双方は戦略的・長期的視点を堅持し、両国間、地域、グローバルの各レベルの協力が確かな成果をより多く上げるよう促し、来年以降の両国関係の落ち着いた発展を確保すべきだ」として、両国が(1)相互尊重・相互信頼の協力パートナー(2)互恵・ウィンウィンの協力パートナー(3)共に困難を乗り越える協力パートナー----となる必要性を指摘した。

 胡主席は「中国の為替政策は責任あるものであり、市場の需給を基盤に、通貨バスケットを参考に調節を行う、管理フロート制の確立を目指している。中国は人民元為替制度改革を引き続き着実に進めていく。だが貿易赤字や失業といった米国の構造的問題は人民相場が原因ではない。たとえ人民元が大幅に上昇しても、米国の直面する問題は解決しえない。米国はできるだけ早く具体的措置を講じて対中ハイテク製品輸出規制を緩和するとともに、中国企業の対米投資に便宜を図るべきだ」と指摘した。

 さらに「世界や地域の問題における協調・協力は中米協力パートナーシップの重要な柱だ。アジア太平洋を中米協調・協力の重点とすべきだ。中国はアジア太平洋地域における米国の正当な権益を尊重し、アジア太平洋における米国の建設的役割を歓迎する。米側もアジア太平洋における中国の正当な権益を尊重してもらいたい。互いの利益上の関心をうまく処理し、アジア太平洋地域の平和・相互信頼・協力を共に促すことを希望する」と表明した。

 オバマ大統領は「今年1月の胡主席の公式訪米は大変な成功を収めた。その後、米中関係は安定を保ち、さらなる発展も遂げている。米中協力の強化は両国、アジア太平洋地域、全世界のいずれにとっても極めて重要だ。米国は引き続き建設的方法で相互尊重、互恵・ウィンウィンの米中協力パートナーシップの構築に取り組んでいく。強大で、成功し、繁栄する、安定した中国が国際問題で一層の役割を発揮することを歓迎する。アジア太平洋地域における中国の正当な利益を尊重する。米国は中国の主権を尊重し、台湾海峡両岸関係の持続的進展を歓迎し、両岸関係の安定維持と和解を支持する。引き続き中米間の3つの共同声明に基づき『1つの中国』政策を遂行していく。米国は『台湾独立』を支持しない」と表明した。

 オバマ大統領はまた「米国は両国の経済・貿易関係の発展に向けた中国側の重要な努力を重視している。米中経済・貿易協力は日増しに深化し、相互貿易額と相互投資は過去最高を記録し、両国は世界経済の成長促進においてますます重要な役割を発揮するようになっている。中国側と緊密な協議を継続し、他の国々と共に、世界経済の直面する困難を共に克服し、力強く、持続可能かつバランスのとれた世界経済の成長を促していきたい」と述べた。

 両首脳は朝鮮半島情勢やイラン問題についても意見交換した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月14日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古