2011年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:21 Nov 16 2011

沖縄の米軍部隊約8000人がグアムに移転へ

 在日米軍がこれまでに方針を変更し、「司令部要員」を中心とする一部の戦闘部隊と重要人員約8000人を沖縄の米軍基地からグアムに移す。今回の移転は、沖縄司令部の機能維持を前提に、グアムと沖縄で部隊遠征を展開できる態勢に調整する。同時に普天間基地移設などの問題において、今回の調整は沖縄の負担をある程度軽減することにもつながる。日本新聞網が伝えた。

 米政府によると、沖縄の海軍部隊約17600人のうち、司令部要員を中心とする8000人をグアムに移転する方針は、日米両国が06年に合意。移転の人数は予定通りだが、兵種には変化があり、司令部要員だけでなく、歩兵、航空、後方支援などの各部隊のいずれも今回の移転の対象となる。

 具体的には在沖縄米軍を指揮する第3海兵機動展開部隊の司令部と司令官がグアムに移転する。ただ、第1海兵航空団司令官は沖縄に留まる。また、戦闘部隊の第3海兵師団司令官と2個歩兵大隊(約1600人)もグアムに移転する。

 今回の移転は米海軍が提出した計画ものだが、正式に実行するには米国防長官の同意が必要だ。米経済は回復の見通しが立っておらず、米議会は国防費を削減するため、同計画を修正する可能性が高い。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年11月15日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古