2011年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:29 Nov 16 2011

人民解放軍の相次ぐ動きが示すもの

南中国海の砂浜で上陸演習を行う中国海軍陸戦隊

 大規模演習、徴兵制限の緩和、専門部隊の強化など、最近の人民解放軍による注目すべき動きから、新たな動向がうかがえる。「日増しに複雑化する国際・周辺環境を前に、解放軍は改革を加速している」と専門家は指摘する。香港紙・明報が伝えた。

 広州軍区は先日、広東省、広西チワン族自治区など5省(自治区)で同時に軍事演習を行った。航空部隊による突撃、砂浜上陸、陸上攻撃などの戦闘行動を含み、近年まれに見る規模と範囲だった。

 また、砲兵指揮学院と砲兵学院南京分院を合併し、副軍級の南京砲兵学院を設立した。軍ブレーンによると、砲兵部隊は歴史ある部隊だが依然重要な役割を担い、大変重視されている。

 顔や首筋の入れ墨は2センチを超えず、ピアスの穴も目立たなければ問題なしとするなど、大卒生の入隊優遇策や新兵入隊条件の緩和は、資質と実務面の開放を同様に重んじる軍の方針を現われだ。

 軍人の福利・待遇の向上と同時に、内部管理強化措置も打ち出している。現在空軍は各地に42カ所の監視ポイントを設置し、偽造軍用ナンバープレートの取締りに取り組んでいる。

 こうした様々な動きは、解放軍が強い現実的緊迫感を抱き、かつ静かに改革を加速していることを示している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月16日

中国のミサイル護衛艦
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古