2011年11月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:13 Nov 18 2011

日本の「価値観外交」は必ず失敗する (2)

 中国にしてみれば、包囲、制約、制裁は別に新しいことではない。新中国はこのような環境の中で発展してきたのだ。1980年代末、中国は凄まじい包囲と制裁に直面していた。日本でも当時「中国は崩壊する」「分裂する」との論調が多くあった。だがほどなくして日本の政治家は包囲と制裁が中国にも日本にもマイナスで、アジア太平洋の安定的発展にはなおさらにマイナスであることに気づき、思い切りよく西側の大国の中で最初に対中制裁を解除し、首脳訪中も最初に行った。中国人はこのことを忘れない。冷戦終結後に日本が外交政策の独立の問題について考えたことがあることが、このことからわかる。だが日本政界の一部の者の頭の中からは冷戦構造がまだ取り除かれていない。国運盛り返しのチャンスを早急に要する日本にとって喫緊の課題は、東アジアの地域統合の助けを借りて自国経済の回復を促し、域内の各種資源と経済協力の整理統合を強化することであり、東アジアで「価値観外交」を行うことではないはずだ。

 冷戦終結後、米国、中国、日本の国力バランスにはすでに変化が生じている。こうした中、日本は「東アジア共同体」構想を引っ込め、反対に「価値観外交」を積極的に広めようとしている。だが日本は考えたことがあるのだろうか。対中包囲網の構築が日本にとって喫緊の課題かどうかはさておき、他の国々が本心から呼応するかどうかは容易に予測できるはずだ。2007年に「自由と繁栄の弧」が打ち出された後、この政策に懐疑的なある知名人は「自由と繁栄の弧は絵に描いた餅だ。食べようと焦る前に、どうして食べなければならないのか考えてみるべきだ」と指摘した。これは「価値観外交」を懸命に広めようとしている日本にとって熟考に値する発言だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月18日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古