2011年11月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:31 Nov 21 2011

専門家:米国の対中強硬姿勢は虚勢

演習を行う米空軍の戦闘機編隊

 中国現代国際関係研究院の王在邦副院長は18日、「米国が今中国に対して示している強硬な姿勢は虚勢だ。『米国が中国を恐れているという見方は誤りだ』とのオバマ大統領の発言は、実は中国の周辺国に対して、米国は信頼できると伝えるためのものだ」と指摘した。「中国新聞網」が伝えた。

 王氏は「米国は中国を少しも恐れないというのは実は必ずしもそうではない。21世紀において米国の直面する戦略上の最大の試練は大国との全面戦争だからだ。両国共に核大国であり、ひとたび軍事衝突が起きれば、徐々にエスカレートすることは避けがたい。その行き着く果てが核戦争だ。したがって、米国が中国に対して全くはばからないというのは不可能だ」と指摘。

 さらに「米国が中国にルールを守れと警告する際、実際に強調しているのは米国には中国に対処する能力があり、軽はずみな行動はするなというものだが、実際にはこの脅しはさほど効果を持たない。中国には初めから軍事拡張の戦略的意図はない。われわれの全体的戦略は平和的発展、善隣友好であり、南中国海問題は平和的開発で処理する。したがって、オバマ大統領の発言はむだに行ったに等しく、意味を持たない」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月21日

演習を行う米空軍の戦闘機編隊
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古