2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:05 Nov 22 2011

米国防長官が失言「中印は脅威」 国防総省が火消しに

 パネッタ米国防長官は17日、 建設中の原子力潜水艦を視察した後の演説で、「中国とインドは米国の軍事的脅威」と発言。「パネッタ長官はそういうつもりではなかった」と米国防総省が直ちにこの「失言」の火消しに動いた。人民日報系の国際情報紙、環球時報が伝えた。
 
 17日の英ロイター電によると、パネッタ長官は17日、米コネティカット州で完成間近のバージニア級攻撃型原子力潜水艦を視察した。これは米軍が中国軍に対抗するための最も重要な駒と考えている潜水艦だ。視察後の演説で長官は米国が直面する新たな試練に触れ、その矛先を新興勢力に向けた。
 
 パネッタ長官は「中国やインドなど新興勢力の脅威に直面している。太平洋地域に十分な軍事力を維持して永遠に駐留を続ける姿勢のアピールに努める」と発言。報道によると、同日、オバマ米大統領はオーストラリアを訪問し、同国北部に米海兵隊を駐留させ、アジア太平洋地域における影響力を強化する方針を発表した。
 
 一方、米国防総省のジョン・カービー報道官は長官の発言を受け、「中印両国との関係は非常に重要だとパネッタ長官は考えている」と直ちに火消しに動いた。「両国を軍事的脅威とする考えは間違っている」との立場を示し、「パネッタ長官がいう試練とは、中国とインドが互いに直面している試練や、安全情勢が激しく揺れ動く中で我々が関係を築く際に直面する試練を指している」と弁解した。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年11月22日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古