2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:30 Nov 22 2011

南中国海問題は多国間の場で議論すべきではない

劉為民報道官

 外交部の劉為民報道官は21日の定例会見で、一連の東アジア首脳会議と南中国海問題に関する質問に次のように答えた。

 一連の東アジア首脳会議で南中国海問題が焦点となることを一部の国は懸念していたが、会議前に多くのASEAN諸国はこの問題の複雑性と敏感性を認識し、具体的な政治・安全保障問題の議論は避けるべきとの考えを表明した。今回の一連の東アジア首脳会議は全体として団結・協力・発展をテーマに繰り広げられ、実務的な成果を上げた。ASEANプラス1、ASEANプラス3、中日韓首脳会議、および東アジアサミットで、各国は各分野の協力について十分に話し合い、広範な共通認識にいたった。

 (南中国海問題について)東アジアサミットは南中国海問題を議論するのに適切な場ではない。南中国海問題における中国の立場は明確かつ一貫したものだ。南中国海係争は直接関係する主権国間の友好的協議によって解決すべきだ。外部勢力の介入、あるいはこの問題を多国間の場に持ち込んで議論することは、逆に問題を複雑化させ、解決にマイナスだ。多くのASEAN諸国もこれに賛同している。各国は地域の平和・安定維持の大局に立ち、相互信頼を強化し、協力を促進する事をしてほしい。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月22日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古