2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:12 Nov 22 2011

南中国海問題:「多国間枠組みで解決」との日本の提案について

 外交部の劉為民報道官は21日の定例会見で「南中国海係争は関係主権国間の協議によって解決すべきだ。外部勢力の介入または多国間の場での議論は問題を複雑化させ、解決にマイナスだ」と表明した。京華時報が伝えた。

 日本の外相が先日東南アジア3カ国を訪問した際、南中国海係争について、多国間の枠組みでの解決を提案したことについて、劉氏は「南中国海係争は直接関係する主権国家間の交渉によって解決すべきだ。これは『南中国海における各国の行動宣言』における中国とASEAN諸国の共通認識だ。『宣言』は忠実かつ全面的に実行すべきだ。域外国は南中国海地域の平和・安定に寄与することをし、当時国間の話し合いによる係争解決に向けた域内国の努力を尊重し、支持してもらいたい。南中国海問題を多国間の場に持ち込み議論するのは、係争の解決に役立たず、問題を複雑化させるだけだ」と表明した。

 中越両国は先日「中越海上問題の解決を導く基本原則に関する協定」に署名したが、フィリピンはこれに反対を表明したうえ、南中国海係争について二国間ではなく多国間の議論による解決を呼びかけた。これについて劉氏は「中国とベトナムが両国間の海上係争を交渉を通じて解決するのは第三国には関係のないことだ。相互間の係争を直接交渉によって解決しようとする当事国の努力を第三国は尊重してもらいたい。中国・フィリピン間の海上係争も両国間の直接交渉を通じてのみ解決可能だ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月22日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古