2011年12月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:36 Dec 22 2011

温家宝総理と日本外相が会談、国民感情の改善を強調

 温家宝総理は23日、日本の玄葉光一郎外相と中南海・紫光閣で会談した。

 温総理は「先日行われた一連の東アジア首脳会議で、団結、発展、協力が人心の向かうところ、大勢の赴くところであることがはっきりと示された。中日は影響力ある大国として、手を携えて東アジアの振興に一層貢献すべきだ。これは両国および地域全体の人々の共通利益に合致する」と強調。▽ハイレベルの意思疎通を強化し、政治的・戦略的相互信頼を強化する▽経済・貿易分野で各々の強みを一層発揮し、新たな協力分野を開拓し、互恵・ウィンウィンを実現する▽人的・文化交流を拡大し、民間の友好を促進する----必要性を指摘した。また「日本側と共に努力して両国関係の新たな進展を促し、中日国交正常化40周年を迎えたい」と表明した。

 玄葉外相は「中国の発展は日本にとってチャンスだ。日中関係の安定的、持続的発展は両国の根本的利益に合致し、地域と世界にとって重要な意義を持つ。日本政府は日中戦略的互恵関係の深化を重視し、尽力している。来年の国交正常化40周年を契機に両国の国民感情を改善し、互恵協力を拡大し、世界や地域の問題における意思疎通と協調を強化し、両国関係を新たな段階へ押し上げていきたい」と述べた。

 会談には楊潔チ外相、程永華駐日大使も同席した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月24日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古