2011年11月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:05 Nov 24 2011

楊潔チ外交部長と日本の玄葉光一郎外相が会談

 楊潔チ外交部長(外相)は23日、日本の玄葉光一郎外相と北京で会談した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 楊外交部長は「日本の新内閣発足以来、中日関係は全体として良好に発展している。胡錦濤主席と野田首相は少し前にハワイで行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC首脳会議)に合わせ成功裏に会談し、先日の一連の東アジア首脳会議の際も話を交した。中日戦略的互恵関係の一層の推進について両国首脳が形成した重要な共通認識は、今後の中日関係の発展にとって重要な指導的意義を持つ。日本側と共に両国首脳間の共通認識を全面的に実行し、中日戦略的互恵関係の持続的で踏み込んだ前進を促していきたい」と述べた。

 楊外交部長はまた「来年両国は国交正常化40周年を迎える。双方はこれを契機に共通認識をさらに強化・拡大し、政治的相互信頼を強化し、経済、貿易、災害復興、防災、減災分野の協力を深めるべきだ。来年の国交正常化40周年記念活動をしっかりと計画し、人的・文化交流を拡大し、世界や地域の問題における協調と協力を強化し、利益の合流点を積極的に開拓すべきだ」と表明した。

 玄葉外相は「日中がたゆまず戦略的互恵関係を推進し、各分野の実務協力を深めることは、両国および世界にとって極めて重要だ。中国の発展は日本にとってチャンスだ。中国側と共に努力し、来年の日中国交正常化40周年を契機に一層のハイレベル交流の強化、政治的相互信頼の強化、互恵協力の拡大を図りたい。青少年交流を含む人的・文化交流を推進し、世界や地域の問題における協力を緊密化し、両国関係を新たな段階へと押し上げたい」と述べた。

 両外相は世界や地域の共通関心事について意見交換した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月24日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古