2011年11月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 Nov 28 2011

中国海軍少将:韓国軍の演習活発化は「ワナ」

 中国のラジオ局・中国之声の軍事評論番組『晩高峰観軍情』は、韓国軍が23日に黄海で軍事演習を開始することを伝えた。韓国軍は、演習が朝鮮による延坪島(ヨンピョンド)への再砲撃、白翎島(ペンニョンド)への進入を想定したものだと明らかにしている。朝鮮からの挑発に対する武装部隊の機敏な反応を確認することが目的で、戦場における指令所の演習や実地訓練などを行う。

 朝鮮による延坪島砲撃から1年が経ったこの敏感な時期に、韓国が軍事演習を活発化させる目的は何か。そのようなことをすれば、朝鮮半島の情勢はさらに緊迫化するのではないか。この問題について、軍事専門家である中国海軍の尹卓少将を取材した。

 韓国軍の演習活発化 米国のアジア回帰への協調が狙い

 尹卓少将は、韓国軍が演習を活発化させているのは内政の願いを実現するためだけでなく、米国のアジア回帰の土台を作るためでもあると見ている。

 これは韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権の挑発行為である。李明博政権には内政の願いがある。盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領の退任後、ハンナラ党が政権を執り、李明博大統領は改革を強いられた。その最初の取り組みが朝鮮との関係を悪化させ、朝鮮に圧力をかけて激しい反応を引き起こし、韓国を被害者にし、国内において民主党を抑圧することだ。

 そのほか、李明博政権は米国のアジア回帰に協力し、米国、日本と共同で朝鮮に圧力をかける姿勢を世界に示している。朝鮮は米国との関係がぎくしゃくしてから、核兵器の開発を停止したことはない。経済が全面的に後退する中でも国防費を維持し、朝鮮半島の情勢は米・日・韓にとって重要な口実である。

 朝鮮は「戦略的なワナ」を認識 表面的な反応のみ

 ところが、韓国の今回の挑発行為に対し、朝鮮側は過激な行動に出ていない。朝鮮側は文章を発表し、韓国軍の行為は全民族の平和の願望に背くものだと批判しただけだ。

 尹卓少将は、韓国の行動が「戦略的なワナ」だと考えたためではないかと見ている。

 米国は朝鮮半島で1つの口実を見つけ、朝鮮半島で軍事発展を進めるうえでの主導権を完全に獲得したい考えだ。そのため、朝鮮は批判するだけにとどまり、民衆を団結させ、心を一つにしようとした。しかし、朝鮮が韓国に過激な軍事行動をとれば、朝鮮は相応の反撃を受けるが、このような反撃は割に合わない。朝鮮側は砲弾を数発打ち、相手側は数十発、数百発のミサイルを打つことになる可能性が非常に高い。

 朝鮮半島情勢は維持 韓朝の実弾を使った再衝突ない

 韓国軍は以前、白翎島と延坪島の戦略的価値は低いと考え、ほぼ放置状態だった。ところが、朝鮮が延坪島を砲撃してから、韓国は同区域の兵力を増やしただけでなく、翌年に戦術飛行船と無人偵察機を投入することを計画した。

 尹卓少将は、韓国軍は強硬な態度を示し、積極的に行動しているが、自ら朝鮮半島の情勢悪化に向けた一歩を踏み出すことはないと見ている。

 現在、朝鮮半島は米・日・韓が共同で対応しており、特に米国は、朝鮮半島の緊迫状態を利用して北東アジアで米日韓軍事同盟を構築したいと考えている。李明博大統領はこの軍事同盟に加わることを望むが、国内で反対意見があるためその一歩を踏み出せず、間で協調を保っている。

 一定の緊迫状態を保つことは、朝鮮半島で軍事発展の主導的立場に立つ米日韓にとって、政治戦略面の利点がある。

 しかし、六者会合はまだ存続、機能し、韓朝両国は会合で顔を合わせている。これは、中国の非常に大きな影響力が未だに存在することを示している。

 そのほか、ロシアも朝鮮半島情勢から疎外されていない。そのため、朝鮮半島の脆弱な情勢を語ることは理に適っているといえる。韓朝両国が政治の政策決定を誤れば、朝鮮半島の情勢が大きく変化する可能性も否定できない。

 したがって、韓国軍が今回の演習で実弾を使うことはなく、朝鮮半島を緊迫化させることもないと見られる。現在の朝鮮半島情勢は昨年と違い、韓国は自らその一歩を踏み出したりしないだろう。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年11月25日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古