2011年11月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 Nov 29 2011

日メディアはなぜ中国系女性大臣に厳しいのか?

蓮舫氏

 昨年に続き、日本の週刊文春が調査した「女に嫌われる女」のランキングで、今年も中国系議員の蓮舫氏が上位に入った。それによると、蓮舫氏が嫌われる理由は、「表情が冷たく、公の場でいつも顔がこわばっている」や「発言が激しい、女性らしくない」といったものだった。こうした回答の裏側にはもっと何か深い理由が隠れているようだ。

 確かに民主党議員としてメディアに姿を現すようになってからずっと蓮舫氏は普通の女性とは違った厳しい顔つきや人をたじろがせる強い態度を示してきた。内閣に入閣し、行政改革担当大臣に就任後も、その厳格迅速に事を進める態度はまったく変わることがなかった。官僚の巨額の献金受け取りを徹底調査、「ムダの温床」になっている「特別会計」の事業仕分けを行うなど、利益を得ていたグループの機嫌を損ね、一部の人間の「資金源」が断たれ、恨みを買うことになった。

 日本は男権中心に成立した社会で、「男性が外、女性は内」という考えが深く根付いている。こうした社会システムの中では、女性は男性の引き立て役で、男性の陰で、男性に尽くすのが当然とされる。しかし蓮舫氏の高い人気は、日本の男権社会に大きな挑戦を挑み、日本の男性に刺激を与えた。

 こうした状況にあって、彼女は人から目をつけられる対象となった。彼女が日本のスーパーコンピュータの開発費に疑問をもつと、「芸能人出身の議員が事業仕分けでとやかくいう」と批難され、国会議事堂でファッション誌の写真撮影をすると、口頭による注意を受けた。政党争いで企業家からの政治献金を受け取ったと報じられ、最近ではブータン国王夫妻歓迎の晩餐会で携帯電話をかけようとしていたとメディアが騒ぎ立てた。

 こうした社会背景にあって、「強い性格」で嫌われる女性は彼女だけではない。今年のランキングには、現厚生労働大臣の小宮山洋子氏も10位に入った。内閣のたった2人の女性大臣はいずれも女性から嫌われているようだ。遡ってみると、ほぼすべての女性政治家がかつて非難を受けている。元外務大臣の田中真紀子氏と外務省官僚は「火水の仲」で、陰で「女閻魔」と呼ばれていた。

 週刊文春が発表したランキングは、女性読者1000人が投票した結果で、女性からすると、蓮舫氏や小宮山洋子氏は異色な存在なのかもしれない。別の角度からみると、男性主導の日本社会の中で、女性の無力感とやるせない気持ちを反映しているともいえる。

 華人が日本社会で成長・発展するのは大変なことだ。日本の政界では尚更のことだ。蓮舫氏の収めた成功は、華人の才能を世に示しただけでなく、日本の華人社会を励ます効果がある。そうすると、日本メディアは彼女を厳しく責めるべきではないし、華字メディアはもっと彼女に拍手喝采を送るべきだ。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年11月28日

蓮舫氏
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古