2011年11月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:14 Nov 30 2011

南中国海での軍事的摩擦による損害を誇張するなかれ

資料写真:南海艦隊

 今後10年内に東アジアで大きな戦争が起きるだろうか?恐らく起きないだろう。海洋利益の係争をめぐる軍事的摩擦は?起こりうる。これが東アジアの政治情勢に対する基本的解答と言えよう。予測可能な将来において東アジアで大戦争の勃発する可能性が低いのはなぜか。その根本的原因は、東アジアで最強の総合的パワーを持つ中国が戦争を望んでいないからだ。中国は東アジアの様々な変化の中心的推進者であり、世界最大の台頭国だ。現在、東アジアの多くの問題や懸念は中国をめぐり起きている。だが中国にとって「平和的台頭」という願いは内発的なものであり、戦争という手段によって台頭の道を切り開く考えはない。人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が伝えた。

 中国に戦争の意志がなければ、東アジアで大きな戦争は起きようがない。東アジアの他の国々には戦争によって中国を屈服させる能力がない。東アジア戦争の真の危険は、中米関係が深刻に変質し、東アジアが両大国の命運を決する戦いの場になることである。だがこれに対しても、中国はその意志がない。米国もそのような決意ができるとは限らない。自ら進んで中国と戦略的に衝突することによる危険は、中国との協力が失敗することによる危険を遥かに上回るからだ。

 中国の戦略的自制と平和的台頭への篤信は、かつての日本と比べてみれば明らかだ。日本の台頭は常に侵略と拡張を伴った。「大東亜共栄圏」の推進は全く強盗まがいのもので、最終的には米国に対する戦略的進攻に至った。中国が一部の国と係争を抱えるのは事実だが、その処理方式は軍事力の助けを借りるものではない。

 中国の台頭が東アジアに与える影響は全体として相当プラスのものだ。東アジア諸国が中国に対して抱く印象は「中国脅威論」だけではなく、複雑なものだ。「中国脅威論」は往々にして、一部の国が中国に外交的譲歩を迫るための道具となっている。

 東アジアに大戦は起きない。だがこれは軍事的摩擦も起きないという意味ではない。東アジアの海上係争は地域政治の清算の過程に置かれ、各国間の相互信頼は著しく欠け、民族主義が地域全体で台頭し、各国政府の動きを牽制している。このような状況下では、南中国海で軍事的摩擦が起きても意外ではない。

[1] [2]

資料写真:演習で対艦ミサイルを発射する解放軍軍艦
関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古