2011年11月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:03 Nov 30 2011

仏教の基本的戒律から僧侶の焼身自殺事件を見る

 四川省のチベット族区で最近、僧侶の焼身自殺事件が何件か起きた。「慈悲済世」「普度衆生」を自らの務めとする修行・布教者が無明、残忍かつ極端な方法で自らの体に火を放ち、釈門・信徒の前から姿を消すという行為に、人々は驚愕し、激怒している。命を無視したこのような自殺行為は、仏教の核心的要義への深刻な違反であるのみならず、仏教の基本的戒律のみだりな蹂躙である。(文:李徳成・中国チベット学研究センター宗教研究所所長)。「人民日報海外版」掲載)

 仏教徒にとって戒律の遵守は基本的行動規範である。どの戒律も基本的戒律の「五戒」を基礎にしている。五戒とは不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不飲酒である。五戒は全ての仏教徒にとっての戒律であり、自らの行為を導く道徳規範でもある。

 僧侶の焼身自殺事件の発生後、下心あるごく一部の者はなんと仏教の基本的戒律を顧みず、「焼身自殺は殺生に関する仏教の教義に全く背かず、仏教の見解との食い違いもなく、戒律を犯してもいない。なぜならその動機と目的は、少しも私利に汚されていないからだ」と妄言を吐いた。しかも仏祖の戒律が、いかなる因縁であれ、全ての命ある者は故意に人を殺してはならないと明確に表明していることには触れずにだ。殺生は不殺生という基本的戒律に即背き、波羅夷罪を犯したことになるのである。しかも自ら望んでであろうと、讒言を信じて自殺するのであろうと、基本的戒律に背き、波羅夷罪を犯したことになるのである。

 釈迦が仏教を創始し、伝道して以来、殺生戒という基本的戒律は信者の心に深く浸透している。「殺生に関する仏教の教義に全く背かず」「戒律を犯してもいない」というでたらめな言論は、下心ある者の腹黒い魂胆をまさに暴露するものだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古