2011年12月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Dec 05 2011

日本人官僚が失言で更迭される3つの原因

田中聡局長の発言で沖縄県知事に謝る日本の一川保夫防衛相(3日)

 また一人、日本の官僚が不謹慎な発言で更迭された。日本のメディアによると、11月28日夜、沖縄防衛局は那覇市内の居酒屋で報道陣との非公式の懇談会を行った。同席で同局の田中聡局長は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関する環境影響評価書提出をめぐり「これから犯すよと言うか」と発言していたことがわかった。

 田中氏の発言には多少の不平がこもっていた。公式な発言ではないが、懇談会に参加した報道機関8社がこの発言を報道。女性や沖縄に対する侮辱だとして、地元住民の憤りを買った。その翌々日、一川保夫防衛相は田中氏を更迭した。

 今年に入り不適切な発言で責任を問われ、更迭された日本人官僚は田中氏一人だけではない。平素礼儀正しい日本人官僚がなぜ次々と暴言を吐き、騒ぎを起こしているのか?次のような原因が考えられる。

 (1)大変な官僚体制。日本の政府機関はがんじがらめの官僚体制が形づくられており、部門内部の縦割りが明確で、上の官僚の指示に下の官僚は絶対に従わなければならない。しかしこうしたルールは機関や部門の内部には適しても、各機関や各部門の間では通用しない。しかも日本は単一制度の国ではあるが、地方自治も行っており、地方政府がわりと大きな自治権をもち、中央政府は地方政府に指導・支援するだけで、両者は絶対的な上下関係ではない。こうした状況にあって、中央の人間が地方にやってきて偉ぶった態度で人を使い、地方行政に口出ししようものなら、怒りを買い、めんどうを引き起こすことになる。

 (2)お酒でしくじる。日本には特有の「お酒の文化」があり、仕事帰りに同僚と酒を飲んで憂さを晴らしする習慣がある。日本人は酒好きのわりにお酒が飲める人は少なく、よく考えずにすぐに酔っ払ってしまう。普段の固い上下関係が解放され、この機会に普段の仕事の不満や不平を訴え、普段言えないことを言ったり、できないことをしたりする。田中局長の酔っ払って言った発言は大問題となった。

 (3)日本マスコミの厳しい監視。日本では報道機関が国民の考えを誘導し、政治の方向性を左右するほど影響をもつ。抜け目のない記者はよく敏感で辛辣な質問を政府官僚に投げ、十分に準備をしていない官僚は「無差別攻撃」的な質問によって言葉を詰まらせ、マスコミやライバルに弱点をつかまれてしまう。マスコミの前でパフォーマンスが得意だった鳩山由紀夫元首相でさえ、「記者の取材は毎日受けないほうがいい。私自身、しゃべり過ぎて早々と辞任せざるを得なかった」と野田佳彦首相にアドバイスしている。首相にさえそうなのだから、下っ端の官僚にマスコミが遠慮するはずがない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年12月4日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古